×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SWFファイルの作成

ちょっと本気出して書きます。
やっぱり、「他の説明を見てください」では不十分なのかもしれません。
(説明をする側の態度として、です。悪しからず)

1.SWFファイル生成に向けて その1
  では始めます。
  (MFV2さん&風さん作成の説明を、一部踏襲させていただきます)

  まずはマイドキュメントというフォルダを開いてください。
  画面左下の「スタート」をクリックすればおそらく見つかります。
  そこに無ければ根性で見つけてください。
  少々きつい言い方ですが、マイドキュメントすら見つけられないようならばダン☆おに作成は無理です。
  (マイコンピュータ内を調べるとあるかと思いますけども)
  ……さて、その中に「ダンおに」などと分かりやすい名前のフォルダを作成してください。
  少々きつい言い方ですが、フォルダすら作れないようならば以下略。

  さぁ、フォルダを作成したらダウンロードすべきものをダウンロードしましょう。
  まずはParaFla!のページ(Coa氏)で、
  ParaFlaというソフトをダウンロードしましょう。
  上記のリンクから、画面上部の灰色の「Download」というところをクリックし、
  ParaFlaという名前のファイルをダウンロードしてください。
  その下にあるParaDrawというソフトは今はまだ使いません。(中級から使っていきます)
  ダウンロードの際に、どこに保存するかを聞かれると思うので、
  それを先ほど作成した「ダンおに」フォルダに保存します。

  続いてソースをダウンロードしましょう。
  Cross Walker(tickle氏)で、
  ParaFlaソース ( tanishiさんのソース )( 5key )ver1.22をダウンロードしましょう。
  上記のリンクから、画面上部の DownLoad → ParaFlaソース ( tanishiさんのソース )と辿れば見つかります。
  これもダウンロードの際に、どこに保存するかを聞かれると思うので、
  同様に「ダンおに」フォルダに保存します。

  さぁ、SWFファイルを生成する時にはエディターは必要ないので、準備完了です。
  早速SWFファイルを生成しましょう。

2.SWFファイル生成に向けて その2
  では、マイドキュメント内の「ダンおに」フォルダを開いてください。
  中には2つのファイルが入っているはずです。
  5keypara.zipparafla137.zip です。
  (parafla137.zip の方は、数字が変わっている可能性がありますが問題はありません)
  が、人によってはこういう方もいらっしゃるでしょう。
  「5keypara というファイルはあっても、5keypara.zip なんて無い!」
  はい。
  これは「拡張子」と呼ばれるものを表示させる設定になっていないからです。
  拡張子というものは、パソコンの中などで“ファイルの種類を表す”記号なのですが、
  元々の買った状態では表示しない設定になっている場合があります。
  ダン☆おにを作り、ウェブサイトを作成して公開したい場合は拡張子を表示させることを推奨します。
  とはいえ、家族共用のPCだから勝手なことはできない、という方もいるでしょう。
  そういった場合は事前に確認を取るようにしてください。
  拡張子の表示方法は、まず「スタート」を開いて、「コントロールパネル」をクリックします。
  その中で「デスクトップの表示とテーマ」をクリックし、「フォルダオプション」をクリックします。
  するとフォルダオプションと書かれたウィンドウが立ち上がるので、その中の「表示」をクリック。
  「詳細設定:」の中(多分下の方)に「登録されている拡張子は表示しない」というのがあります。
  これがチェックされているはずなので、そのチェックを外して「適用」→「OK」
  ……以上で拡張子が表示されるようになった、はず!
  (maxのPCのOSがXPであるため、それ以外では少し環境が違うかもしれません)
  (その場合は「ホームページ作成」だとかで検索して調べてください)

  さて、拡張子を表示させる設定にしてもう一度「ダンおに」フォルダを開くと、
  間違いなく 5keypara.zipparafla137.zip があるでしょう。
  まずは parafla137.zip の方から開いてみましょう。
  ダブルクリックすると、中に「parafla」というフォルダが入っています。
  これを右クリックして、コピーします。
  コピーしたら「ダンおに」フォルダに戻って、貼り付けます(ペーストといいます)。

  (いや、分かってる人からしたら可笑しな挙動かもしれませんが、これで上手くいくので)
  さて、 5keypara.zip でも同様のことをして、「配布ソース2_2」をコピー&ペーストします。
  これで「ダンおに」フォルダ内には4つのファイル&フォルダがあるわけですね。

3.SWFファイル生成に向けて その3
  さて、では「parafla」フォルダを開いてください。
  中にはフォルダ2つと、色々なファイルが計9つありますね。
  その中で、「parafla.exe」というファイルを探してください。
  (拡張子を表示させてない場合は、parafla という名前になってますが)
  それを開いてみましょう。次のような画面が立ち上がるはずです。

ParaFlaを立ち上げたところ
(画像はサイズを50%に縮小しています)


  左上のファイル(F)ってのをクリックして、プロジェクトを開く(O)をクリックしてください。
  すると次のような画面が出ますね。
  OSが Windows XP で無い場合は少し見た目が違うかもしれませんが。

ファイルを開く
(画像はサイズを70%に縮小しています)


  さて、ここに表示されているのは、あなたのPCの中のどの部分なのか。
  それを分かっておく必要があります。
  答えを言うと、
  「デスクトップの中のマイドキュメントの中のダンおにフォルダの中のparaflaフォルダの中」です。
  で、今やりたいことは、配布ソース2_2というフォルダの中のファイルを開くことです。
  そのために、次の赤丸部分をクリックしてください。

ファイルを開く
(画像はサイズを70%に縮小しています)


  このボタンは「一つ上の階層に進む」ためのボタンです。
  これによってどんな感じになるかというと、もちろんこんな感じです。

ファイルを開く
(画像はサイズを70%に縮小しています)


  どんどん進めましょう。ここから「配布ソース2_2」をダブルクリックします。
  するとこうなります。

ファイルを開く
(画像はサイズを70%に縮小しています)


  さぁ、やっと見つかりましたね。
  満を持して「silent.pfl」の登場です。
  ……ちなみにこのファイルの名前の由来ですが、tanishiさんがこのソースを公開されたのとほぼ同時期に、
  「Silent Sky」というSHIKIさん作曲のダン☆おに作品を公開されたんですよね。
  その時にtanishiさんがつけたファイル名が「silent.pfl」だった、というわけです。
  もちろん、.pfl というのは拡張子のひとつで、ParaFla!のファイルであることを表しています。
  ではうんちくは程ほどにして、ダブルクリックして開いてみましょう。

ParaFlaを立ち上げたところ
(画像はサイズを50%に縮小しています)


  ここまで来ればもう一息です。
  再度ファイル(F)をクリックし、今度はSWFファイル生成(M)をクリックします。

ファイルを開く
(画像はサイズを70%に縮小しています)


  こういった画面が出てきたと思いますので、ファイル名を変更します。
  好きな名前で結構なのですが、今は練習している段階ですので、
  「practice.swf」とでも名付けておきましょう。
  そのまま、保存をクリックすると、ParaFla!がSWFファイルを生成し始めます。
  ……その途中でこんな警告が表示されます。

ファイルを開く


  びっくりするのは仕方ないですが、気にする必要はありません。
  そのままOKをクリックして、SWFファイルが完成するのを待ちましょう。(一瞬ですけど)

4.SWFファイル生成に向けて その4
  さぁではParaFla!は置いといて、「ダンおに」フォルダ内の「配布ソース2_2」フォルダの中を見てください。
  ごちゃごちゃとたくさんのファイルがありますが、その中に「practice.swf」があるはずです。
  これでSWFファイル生成の基本は終了です。


ダン☆おに作成講座に戻る