×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SWFファイルの作成

さて、続いてSWFファイルの作成方法の講義を始めます。

1.SWFファイルとは
  まずは本項の基本の基本。SWFファイルとは何のことなのか。
  細かく説明すると長くなるので各自調べて欲しいのですが、とりあえずダン☆おにの上でどういった役割なのかを。
  (tanishiさんソースで作る)ダン☆おにというのは、2種類のファイルを使って作ります。
  一つはテキストファイル。一般にdos.txtと名付けられる譜面ファイルです。
  こちらの説明は初級が始まってから。
  そしてもう一つが今回のテーマ、SWFファイルです。
  こちらには「音楽」とか「プレイ画面」とか目に見えるほとんどの部分が収められています。
  譜面の無いダン☆おにというのも珍しいですが、SWFの無いダン☆おにはもっと珍しいです。
  とりあえず作ってみれば、どう必要不可欠なのか知ることが出来るでしょう。

ちなみにSWFっていうのは(多分)、Shock Wave Fileの略です。
あと僕が知っているのはTextの略でtxtとか、mpeg layer 3でmp3とか……
ParaDrawでpdrとか……まぁ、そんなものですか。
拡張子という言葉で調べると色々分かるかと思います。

2.SWFファイルを生成する
  やり方を見るだけなので、まずはダウンロードしたParaFlaを立ち上げましょう。
  こういう画面ですね。(画像サイズは50%に縮小しています)
ParaFlaを立ち上げたところ
  左上のファイル(F)ってのをクリックして、プロジェクトを開く(O)をクリック。
  階層がどうなっているのかは各自違うと思うので、なんとか silent.pfl があるフォルダにたどり着いてください。
  「配布ソース2-2」という名前のフォルダの中にあったと思います。
  無事たどりついたら、もちろん開きます。
silent.pflを立ち上げたところ
  こんなんなりましたね。
  ここから色々とすることによってダン☆おにに本当に様々な要素を与えられます。
  ですが、今回はまずはSWFファイルを作るだけです。
  再度ファイル(F)をクリックし、今度はSWFファイル生成(M)をクリックします。
  ただの実験ですので、適当に名前をつけて(「silent」とか?)保存します。

  そして先ほどの「配布ソース2-2」というフォルダを、ParaFlaからでなく、普通に開きに行きます。
  中に「silent.swf」っていうファイルがあるはずです。SWFファイル生成完了。

ちなみにこのままでは、音楽は一切流れてきませんし、矢印も飛んできません。
それを分かった上で、ただの実験を行いました。
SWFファイルを生成する手順と、どこにフォルダがあるのか分かってもらえればOKです。
まぁ、もう少し分かりやすく書き直すつもりですが、詳しくは次の項を。

3.ダン☆おに作成法を説明しているサイト
  さて、ここから本格的にSWFファイルを生成する方法をレクチャーしていくべきですが。
  とにかく細かく手順を書くと素晴らしい手間がかかります。
  そこで。

  Danicing☆Onigiriの作り方を参照してください。
  非常に細かく分かりやすく説明されています。
  また、その他にもダン☆おにの作成法や、ヒントなんかを載せているサイトも。
  How to Make for ParaFla 5 & 7なんかを参照してください。

あえて補足するなら、「D-Flash」なるソフトは別にいらないかなー、ということです。
僕は使ったことないですし、それで不便したことも無いです。
まぁ、お好みで。
あと、今までに作られた作成法との共存の道こそが、今回の作成講座の望ましい未来です。
どうかみなさま、ここだけを見るのではなく、様々なところを参照してください。

4.本項のまとめ
  さて、これでSWFファイルの生成ができるようになりました。
  次からはいよいよ本番です。
  特に初級の項目は僕が以前からダン☆おに界隈にずっと言いたかったことが凝縮されています。
  役立つかと思いますので、頑張りましょう。


ダン☆おに作成講座に戻る